収入証明書の提出を求める2つのケース

プロミスは、初回申し込み時に限って、必要な契約者にのみ収入証明書類の提出を求めるケースがあります。

 

1つめのケースは、プロミスに申し込む際、借入限度額の希望を50万円以上にした場合、2つめのケースは、プロミス以外の銀行や消費者金融で既に借入れをしており、その借入れ残高の合計が100万円を超えている場合です。

 

これは、いずれも高額の借入れになる場合にはプロミスにとっても融資するリスクが大きくなる為、貸金業法に基づいて提出を義務付けているのです。

 

借入れ金額が少額である場合は、このような収入証明書の提出を求められることはありませんが、アルバイトやフリーランスのような収入が一定ではない職業身分を持つ利用者には、稀に例外として収入証明書の提出を求められるケースもあります。

 

プロミスでは職業身分よりも、安定した収入があるかどうかの方が重要である為、収入の確認には他の項目よりも審査が慎重に行われます。

 

収入証明書を提出できなかった場合は、審査に通過できなかったり、審査に通っても希望した借入限度額を減額されて満足のいく契約が出来なかったりするケースもあるので、プロミスに申し込みを行う際は、念のため収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

 

収入証明書の用意が面倒な場合には、大きな金額まで原則不要とするカードローンの利用がおすすめです。銀行なら300万円まで不要とするオリックス銀行カードローンの保証会社による審査もありますので、まとまった金額を借りる予定の方は候補に入れておくと良いでしょう。